納骨室に水が

今回は水が納骨室内に溜まっていて納骨ができないという事で改修を頼まれました。

調べてみたところ納骨室内の底がコンクリートで覆われていました。

普通の石屋さんならこんな造りはしません。底部分(お骨をおく場所)は土部分にしておきます。

人は土に返るといいますし、それと水が差してもしみこんでいくよう土部分をわざと残すように造ります。

土木関係の知り合い等に頼むとこのように造られるケースが多く見受けられます。

造るには床を最初に一面セメントで覆った方が工事しやすいからです。

しかし結果として水溜の水槽を造ってしまったことになるのです。

お骨を安置する一番大事な場所です。

墓地墓石納骨室・外柵等の石材の事はプロの石屋さんに頼みましょう。

————————————————————————

光り墓 | デザイン墓石 | シルエット | 施工例 | お客様の声 | 美術加工 | 銘石 |伊予青石

 ワンハートストーン | 戒名・法名彫刻 | 明かり/地蔵菩薩 | おまいりまもり

山梨県石材加工の(有)望月石材店〔山梨学院大学正門前/甲府市酒折 〕

山梨県の街づくり広場  望月石材店  iタウンページ  お墓を探そう!

お問い合わせ

TEL 0120-148-175
FAX 055-233-7758
営業時間 9:00~18:00 (不定休)
ご相談・ご用命はどうぞお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*